Contract For Difference

CFD取引は仕組みが理解しにくい

CFD取引について、取引のしくみや内容が良く分かりにくいという質問をいただくことがよくあります。証拠金・ミニマムチャージ・限月などCFD取引をはじめようとすると様々な耳慣れない言葉が出てきます。こうした難しそうというイメージ・分かりにくさがCFD取引の短所のひとつといえるでしょう。

CFD取引徹底比較-証券CFDナビ-



取引のルールや仕組みについて

CFD取引は日本ではあまりなじみのある取引ではないうえ、株式投資などの一般的な投資と比べて様々な違いがあります。こうした違いについては、ある程度理解しておかなければどういうことなのかよくわからないという方も多いかと思います。

CFD取引とはなにか?」で基本的な仕組みは説明していますが、よんでもよくわからないという方も多いかもしれません。

たとえば、用語についてもオーバーナイト金利レバレッジ、ミニマムチャージ、限月、証拠金など普段聞きなれない様々な言葉が普通に使われています。

ただ、こういう用語は難しい一方で、仕組みはそう難しくはありません。
これこそほんとの習うより慣れろというところがあります。

CFD取引は小額から始めることができるので、まずは小額の投資をしてみてどのようなものなのかを理解するほうが、ウェブサイトや書籍等でCFDを勉強するよりもより理解が早いかもしれません。

分からないことや分かりにくいことがあれば、解説を加筆修正いたしますので、メールフォームなどからご連絡ください。

 

人気CFD取引証券会社

DMM.com証券CFD

DMM.com証券はFXで有名な証券会社です。CFD取引(株価指数)については「日経225」「ナスダック」「NYダウ」「S&P500」の4株価指数に絞り込んでいるのが特徴で、その分システムの使い勝手は高いです。また、手数料無料、業界最安値水準のスプレッドなども魅力です。短期トレーダーにおすすめの証券会社です。
>>DMM.com証券CFD詳細

マネックス証券 くりっく株365

マネックス証券はくりっく株365(取引所CFD取引)を提供する大手ネット証券です。くりっく株365の手数料水準は全金融機関の中でも最低額となっています。大手証券ということもあって、はじめてのCFD取引には最適なネット証券だと考えます。
>>マネックス証券CFD詳細

GMOクリック証券CFD

GMOクリック証券は日本の大手ネット証券の一つで、豊富な投資商品を取り扱っている証券会社です。CFD取引は「株価指数」「商品先物」「個別銘柄(日本)」が可能となっています。銘柄数は少ないものの、使いやすく初めてのCFD取引にお勧めの証券会社です。
>>GMOクリック証券CFD詳細