CFD取引徹底比較CFD取引の基礎知識>CFD取引業者の選び方

Contract For Difference

CFD取引業者の選び方

CFD取引をするには、取引業者に口座を開設しておく必要があります。ここでは、様々なCFD取引業者の中から業者を選択する上ではどういったポイントで比較してどのようにして選べばいいのかを分かりやすく説明していきます。

CFD取引徹底比較-証券CFDナビ-



CFD取引業者を選ぶポイント

CFD取引業者を選ぶ上でのポイントは「手数料」「取引可能な商品数」「安全性・健全性」の三つが重要であると考えています。まずは、それぞれのどんなところを見ていくのかを説明します。

手数料・コスト

手数料コストについては、安いにこしたことはありません。ただし、CFD取引業者の場合、手数料コストはどこも安いのであまり気にしすぎる必要はないかもしれません。

取引可能な商品数

CFD取引では、実に様々な商品に投資が可能な取引方法として紹介しましたが、実はCFD取引において取引できる投資商品はCFD取引業者により異なっています。自分が取引したい投資商品と取引業者の対応状況はしっかりとチェックしましょう。

安全性・健全性

CFD取引は相対取引(店頭取引)となりますので、取引業者に万が一があった場合のリスクを考えておきましょう。信託保全のように投資家の資金を自社の資金と区別して管理している取引業者を選びましょう。当サイトで紹介するCFD取引業者はこうしたポイントをクリアしたところをチョイスしています。

店頭CFDか「くりっく株365」か

CFD取引では、大きく「店頭CFD」と「くりっく株365」の二つの取引形態があります。それぞれの特徴や違いについては「くりっく株365とは」のページで解説しているのでそちらを参照してください。

 

人気CFD取引証券会社

DMM.com証券CFD

DMM.com証券はFXで有名な証券会社です。CFD取引(株価指数)については「日経225」「ナスダック」「NYダウ」「S&P500」の4株価指数に絞り込んでいるのが特徴で、その分システムの使い勝手は高いです。また、手数料無料、業界最安値水準のスプレッドなども魅力です。短期トレーダーにおすすめの証券会社です。
>>DMM.com証券CFD詳細

マネックス証券 くりっく株365

マネックス証券はくりっく株365(取引所CFD取引)を提供する大手ネット証券です。くりっく株365の手数料水準は全金融機関の中でも最低額となっています。大手証券ということもあって、はじめてのCFD取引には最適なネット証券だと考えます。
>>マネックス証券CFD詳細

GMOクリック証券CFD

GMOクリック証券は日本の大手ネット証券の一つで、豊富な投資商品を取り扱っている証券会社です。CFD取引は「株価指数」「商品先物」「個別銘柄(日本)」が可能となっています。銘柄数は少ないものの、使いやすく初めてのCFD取引にお勧めの証券会社です。
>>GMOクリック証券CFD詳細