CFD取引徹底比較CFD取引の基礎知識CFD取引と他の投資を比較>外国株(外国株式)とCFD取引を比較

Contract For Difference

外国株(外国株式)とCFD取引を比較

CFD取引のメリットとして外国市場へのアクセスのよさ(投資環境)が挙げられますが、証券会社を通じても外国株に投資することは可能です。では、証券会社を通じて購入するのと、株式CFDを通じて投資をするのでは、どのような違いがあるのかを分かりやすく比較していきます。

CFD取引徹底比較-証券CFDナビ-



外国株(外国株式)とCFD取引の違い

まず、外国株投資をする場合には、証券会社を通じて直接投資をすることも可能です。しかし、個人的にはCFD取引を利用するほうがメリットが高いと感じています。

 
外国株式取引(証券会社)
株式CFD取引
取引方式
取引所取引 店頭取引(相対取引)
取引市場
証券会社により異なるが数百銘柄程度 主要市場の取引銘柄を多数カバー。数千銘柄
(取引業者により異なる)
レバレッジ
1倍 最大20倍前後
(取引業者により異なります)
取引手数料
片道20ドル~30ドル程度
(証券会社により異なる)
取引額の0.05%~0.2%程度
(取引業者により異なります)
空売り
基本的には不可。信用取引には非対応。 空売り(ショート)も可能
配当金
現物取引:あり 買いポジション:配当金相当額を受け取り
売りポジション:配当金相当額を支払い
税金
申告分離課税(20%) 総合課税(15~50%)

 

外国株への個別株式への投資については実際のところ証券会社で取引するのも色々と面倒です。外貨建てとなりますので為替コストなども発生します。そのため、手軽さを考えた場合でもCFD取引の方がメリットが大きいという面もあるかもしれません。外国株を扱う証券会社については「外国株を取り扱う証券会社比較」をご参照ください。

CFDなら個別株も売買可能な「ひまわり証券CFD」がおすすめです。

 

人気CFD取引証券会社

DMM.com証券CFD

DMM.com証券はFXで有名な証券会社です。CFD取引(株価指数)については「日経225」「ナスダック」「NYダウ」「S&P500」の4株価指数に絞り込んでいるのが特徴で、その分システムの使い勝手は高いです。また、手数料無料、業界最安値水準のスプレッドなども魅力です。短期トレーダーにおすすめの証券会社です。
>>DMM.com証券CFD詳細

マネックス証券 くりっく株365

マネックス証券はくりっく株365(取引所CFD取引)を提供する大手ネット証券です。くりっく株365の手数料水準は全金融機関の中でも最低額となっています。大手証券ということもあって、はじめてのCFD取引には最適なネット証券だと考えます。
>>マネックス証券CFD詳細

GMOクリック証券CFD

GMOクリック証券は日本の大手ネット証券の一つで、豊富な投資商品を取り扱っている証券会社です。CFD取引は「株価指数」「商品先物」「個別銘柄(日本)」が可能となっています。銘柄数は少ないものの、使いやすく初めてのCFD取引にお勧めの証券会社です。
>>GMOクリック証券CFD詳細