Contract For Difference

CFD取引なら取引時間の自由度が高い

CFD取引には取引時間の自由度が挙げられます。日本で株式投資をする場合、ほとんどの場合昼間の証券取引所が開いている時間しか取引をすることができません。しかし、CFD取引では世界の様々な投資商品に投資が可能ですので、時間にとらわれることなく、ほぼ24時間取引が可能となっています。

CFD取引徹底比較-証券CFDナビ-



CFD取引は原則24時間取引可能

CFD取引は、世界中の取引市場にアクセスすることができます。そのため、お昼の時間帯は忙しくて投資に参加できないという方も夜間の仕事が終わった後に取引をすることが可能です。FXのように為替取引以外にも取引ができるというは大きなメリットの筆頭ではないでしょうか?

取引可能なのはその時間に取引されている市場のみ

注意点としては、CFD取引で取引できるのは、その時間帯に取引可能な市場のみということです。たとえば、日本の証券取引所における現物株取引は9時~15時まで(東証)となっています。現物株CFD取引で日本の株式に投資をする場合はこの時間帯しか取引できません。
一方、NY市場の場合は、日本時間で22時30分(夏時間)~の取引ですので、NY市場で取引されている株式を購入するにはこの時間帯に取引をすることになるわけです。24時間取引可能といっても、たとえば日本の株式を深夜に売買できるわけではありません。
ちなみに、時間帯外に取引できないのはCFD取引業者が「カバー取引」を行うための措置です。

カバー取引とは

カバー取引とはCFD取引業者などの店頭取引業者が顧客の注文を受けた場合、それと同じ注文を実際の市場に対して出すことで、取引業者と投資家の間での利益相反をカバーする取引となります。「カバー取引とは」などでも説明されているのでそちらも参考にしてみてください。

 

人気CFD取引証券会社

DMM.com証券CFD

DMM.com証券はFXで有名な証券会社です。CFD取引(株価指数)については「日経225」「ナスダック」「NYダウ」「S&P500」の4株価指数に絞り込んでいるのが特徴で、その分システムの使い勝手は高いです。また、手数料無料、業界最安値水準のスプレッドなども魅力です。短期トレーダーにおすすめの証券会社です。
>>DMM.com証券CFD詳細

マネックス証券 くりっく株365

マネックス証券はくりっく株365(取引所CFD取引)を提供する大手ネット証券です。くりっく株365の手数料水準は全金融機関の中でも最低額となっています。大手証券ということもあって、はじめてのCFD取引には最適なネット証券だと考えます。
>>マネックス証券CFD詳細

GMOクリック証券CFD

GMOクリック証券は日本の大手ネット証券の一つで、豊富な投資商品を取り扱っている証券会社です。CFD取引は「株価指数」「商品先物」「個別銘柄(日本)」が可能となっています。銘柄数は少ないものの、使いやすく初めてのCFD取引にお勧めの証券会社です。
>>GMOクリック証券CFD詳細