CFD取引徹底比較>CFD取引の活用テクニック

Contract For Difference

CFD取引の活用テクニック

CFD取引の活用テクニックでは、証券CFD取引を上手に活用するための様々なテクニックや他の投資と組み合わせる投資方法などを分かりやすく解説していきます。CFD単独で投資をするのもいいですが、他の株式投資などと上手に組み合わせれば、さらに高い投資効率とすることも可能です。

CFD取引徹底比較-証券CFDナビ-



CFDのショートは逆日歩がいらない

CFD取引は信用取引と同じように個別の銘柄を空売り(ショート)することができます。この場合の特徴として差金決済取引であるCFD取引は株不足など関係がないので、逆日歩(品貸料)は発生しません。これを活用することで逆日歩が発生するような銘柄でもショート可能です。

 

現物株とCFD取引を組み合わせて株主優待をゲット

現物株取引とCFD取引を組み合わせることで株主優待だけをゲットする方法を解説します。もともと、現物株(買い)と信用取引(空売り)を組み合わせることで株主優待だけを手に入れる方法が有名ですが、その場合には高額な逆日歩リスクがあります。信用取引の空売りの代わりにCFD取引を利用すれば、逆日歩のリスクなく株主優待をゲットできます。

 

 

人気CFD取引証券会社

DMM.com証券CFD

DMM.com証券はFXで有名な証券会社です。CFD取引(株価指数)については「日経225」「ナスダック」「NYダウ」「S&P500」の4株価指数に絞り込んでいるのが特徴で、その分システムの使い勝手は高いです。また、手数料無料、業界最安値水準のスプレッドなども魅力です。短期トレーダーにおすすめの証券会社です。
>>DMM.com証券CFD詳細

マネックス証券 くりっく株365

マネックス証券はくりっく株365(取引所CFD取引)を提供する大手ネット証券です。くりっく株365の手数料水準は全金融機関の中でも最低額となっています。大手証券ということもあって、はじめてのCFD取引には最適なネット証券だと考えます。
>>マネックス証券CFD詳細

GMOクリック証券CFD

GMOクリック証券は日本の大手ネット証券の一つで、豊富な投資商品を取り扱っている証券会社です。CFD取引は「株価指数」「商品先物」「個別銘柄(日本)」が可能となっています。銘柄数は少ないものの、使いやすく初めてのCFD取引にお勧めの証券会社です。
>>GMOクリック証券CFD詳細