CFD取引徹底比較CFD取引の活用テクニック>ヘッジ目的で個別株買い+CFDのショートは有効手段

Contract For Difference

ヘッジ目的で個別株買い+CFDのショートは有効手段

個別株投資をしているけど、相場全体の下落リスクをヘッジ(回避)したいという場合に、CFD取引は有効な手段の一つとなります。現物株買い+CFDショートを組み合わせれば、日経平均(またはTOPIX)の変動に対して中立なポジションを構築することができます。株は売りたくないけど、相場が下げそうといった時のリスクヘッジに活用しましょう。

CFD取引徹底比較-証券CFDナビ-


個別株買い+CFDショート

株価というのはその個別銘柄の個別要因で動くケースもあれば、マーケット全体に引きずられて動くこともあります。

その会社の株は上昇すると思っているけど、相場観として、日経平均(TOPIX)は落ちそうと考える場合もあると思います。そういう時は、個別株を売るのではなく、CFD売りという選択をすれば、マーケットに対してはニュートラルな環境を作ることができます。

 

人気CFD取引証券会社

DMM.com証券CFD

DMM.com証券はFXで有名な証券会社です。CFD取引(株価指数)については「日経225」「ナスダック」「NYダウ」「S&P500」の4株価指数に絞り込んでいるのが特徴で、その分システムの使い勝手は高いです。また、手数料無料、業界最安値水準のスプレッドなども魅力です。短期トレーダーにおすすめの証券会社です。
>>DMM.com証券CFD詳細

マネックス証券 くりっく株365

マネックス証券はくりっく株365(取引所CFD取引)を提供する大手ネット証券です。くりっく株365の手数料水準は全金融機関の中でも最低額となっています。大手証券ということもあって、はじめてのCFD取引には最適なネット証券だと考えます。
>>マネックス証券CFD詳細

GMOクリック証券CFD

GMOクリック証券は日本の大手ネット証券の一つで、豊富な投資商品を取り扱っている証券会社です。CFD取引は「株価指数」「商品先物」「個別銘柄(日本)」が可能となっています。銘柄数は少ないものの、使いやすく初めてのCFD取引にお勧めの証券会社です。
>>GMOクリック証券CFD詳細